17.10 - TD_OneHotEncodingFit構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine分析関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1206-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
IsInputDense
入力が密な形式であるかどうかを指定します。
TargetColumn
(IsInputDense ('true')を指定した場合は必須です。それ以外の場合は使用できません。)カテゴリ値からなるInputTable列の名前を指定します。
CategoricalValues
(IsInputDense ('true')を指定した場合は必須です。それ以外の場合は使用できません。)ワンホット形式でエンコードするには、target_columnで1つ以上のカテゴリ値を指定します。
OtherColumnName
(IsInputDense ('true')を指定した場合はオプションです。それ以外の場合は使用できません。) CategoricalValuesで指定されていない値のカテゴリ名を指定します(ワンホット形式でエンコードしないカテゴリ値)。
デフォルト: 'other'
AttributeColumn
(IsInputDense ('false')を指定した場合は必須です。それ以外の場合は使用できません。)属性からなるInputTable列の名前を指定します。
ValueColumn
(IsInputDense ('false')を指定した場合は必須です。それ以外の場合は使用できません。)属性値からなるInputTable列の名前を指定します。
TargetAttributes
(IsInputDense ('false')を指定した場合は必須です。それ以外の場合は使用できません。)ワンホット形式でエンコードする1つ以上の属性を指定します。すべてのtarget_attributeattribute_columnに含まれている必要があります。
OtherAttributeNames
(IsInputDense ('false')を指定した場合は必須です。それ以外の場合は使用できません。) target_attributeごとに、TargetAttributesで指定されていない属性のカテゴリ名(other_attribute)を指定します。n番目のother_attributeは、n番目のtarget_attributeに対応します。