17.00 - 17.05 - ビューの具体化と他のデータベース オブジェクトの置換 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

おそらく、クエリー リライトで最も問題になるのは、仮想データベース オブジェクトをインスタンス化することと、可能な場合、指定した問合わせ構造をさらにパフォーマンスの高い構造に置き換えることです。

例えば、問合わせによって参照されるすべてのビューは、問合わせを実行する前に、それぞれの基礎となる基本テーブルまたはカバー インデックスに意味解釈させる必要があります。このような書き換え方法も、置換することによって問合わせのパフォーマンスがさらに向上するときには必ず、基本テーブルとテーブル結合を、ハッシュ インデックス、結合インデックス、またはセカンダリ インデックスに置き換えます。ビューによって参照されている基本テーブルが、部分的GROUP BY書き換えおよび共通スプール利用書き換えと有効に置き換えることができる場合、このような置換はビューの具体化にも適用することができます。マテリアライズド ビュー(Materialized View)とは、スナップショット サマリー テーブルおよびハッシュまたは結合インデックスのようなデータベース オブジェクトを指す用語として使用されることがあります。ここでの説明では、この用語は、スプール リレーションでのビュー定義の基本テーブルの構成要素を具体化することを指します。

さまざまな理由から、これらのクエリー リライトは、クエリー リライト サブシステムがさまざまな書き換えタスクを完了したあとに、最適化ルーチンによって実行されます。