17.00 - 17.05 - QryRelX - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

QryRelXの機能

QueryテーブルのQueryText属性、またはRelationテーブルのTableDDL属性のオーバーフロー テキストを格納します。

OverflowフラグがTに設定されたQueryまたはRelationの各行に対応して、QryRelXに少なくとも1つの行があります。

QryRelXテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、QryRelXテーブルを定義しています。

   CREATE TABLE QryRelX(
     RowType   CHARACTER(1),
     KeyValue  INTEGER NOT NULL,
     SeqNumber SMALLINT NOT NULL,
     Text      VARCHAR(30000) CHARACTER SET UNICODE
               NOT CASESPECIFIC NOT NULL)
   PRIMARY INDEX(RowType, KeyValue);

QryRelXの属性の定義

次のテーブルは、QryRelXテーブル属性を定義しています。

属性 定義
RowType 行がオーバーフロー テキストをQueryテーブルから処理するか、Relationテーブルから処理するかどうかを定義する。
  • Qの場合、テキストはQueryテーブルからオーバーフローする。
  • Rの場合、テキストはRelationテーブルからオーバーフローする。
KeyValue QryRelX行に対して暗黙的なプライマリ キーを定義する。
  • RowTypeがQの場合、KeyValueはQueryIDである。
  • RowTypeがRの場合、KeyValueはRelationKeyである。
SeqNumber 現在の行がOverflowでの最終行かどうかを指定する。

オーバーフローのQueryTextまたはTableDDLテキストが1行に収まらない場合には、それぞれが固有のSeqNumber値を持つ複数の行に分割される。

SeqNumberの値は1から始まり、新規テキスト行が必要となるたびに1ずつ増分される。

Text オーバーフローのQueryTextまたはTableDDLテキスト。

このテキストの上限は、1行に付き30,000文字です。また、オーバーフローしたSQL問合わせテキストの上限は1MBです。