17.00 - 17.05 - 生成ルーチン - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

生成ルーチンは、最適化ルーチンの出力として受け取った最適化構文解析ツリー案に基づいて、AMP処理ステップを定式化します。 これらのステップはプラスチック ステップと呼ばれ、列と行の情報が含まれていますが、データ パーセルの値は含まれていません。後でOptApplyによってコンクリート ステップに変換されます。

プラスチック ステップおよびコンクリート ステップ

プラスチック ステップ
プラスチック ステップは生成ルーチンの出力です。使用される可能性があるハードコーディングされたリテラル値を除き、プラスチック ステップには列と行の情報が含まれますが、データ パーセルの値は関連付けられていません。プラスチック ステップは、潜在的な再利用のためにキャッシュすることができます。
単一のリクエスト パーセルが複数のプラスチック ステップを生成することがあります。
プラスチック ステップを使用すると、パラメータに依存しないリクエストのデータ パーセルのデータ値を、OptApplyによって最適化されたクエリー計画に挿入できます。パラメータ化されたリクエストの詳細については、パラメータ化されたリクエストおよび動的にパラメータ化されたリクエストを参照してください。
コンクリート ステップ
コンクリート ステップは、OptApplyの出力です。 文脈およびデータに依存したAMP命令であり、ユーザーおよびセッションに特有の情報とデータ パーセルが含まれます。
各コンクリート ステップは、次の部分によって構成されています。
  • システム メッセージ ヘッダー

    メッセージのクラスおよび種類、長さ、論理ホスト識別子、セッションおよびリクエスト番号、バージョン番号、および文字セットコードを含みます。

  • 共通ステップ ヘッダー

    アカウント番号および経路指定情報を含みます。ステップの受信者、ステップによって生成された応答の処置方法、AMPによるタスク完了の信号通知方法、およびステップの文脈(例: トランザクション番号)を指定します。

  • ステップ構成要素

    ステップ フラグとステップ モードを含む、一連の操作依存のフィールド。

  • データ

    可変長データ領域に含まれます。

生成ルーチン プロセス

生成ルーチンは、次のプロセスを実行します。

  1. 生成ルーチンは、最適化された構文解析ツリーを最適化ルーチンから受け取り、その構文解析ツリーを使用してプラスチック ステップを構築します。
  2. 各ステップには、ステップとステップの構成要素についての固定の情報を含むステップ ヘッダーが作成されます。ステップは、実際には文脈に依存しないAMP命令です。
  3. プラスチック ステップは、リクエスト キャッシュ ロジックによって決定されたときにキャッシュされます。
  4. プラスチック ステップは、その後OptApplyに送信されます。