17.00 - 17.05 - RangePartExpr - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

RangePartExprの機能

RANGE_N関数に基づく、推奨の範囲パーティション式の個々の詳細を格納します。このテーブルの目的は、Index Wizardに、推奨のパーティション式を表示するための柔軟性を提供することです。

このテーブルの各行は特定のRANGE_N関数の1つの範囲を表わし、その範囲の境界値と範囲サイズはSQLテキスト文字列として保存されます。所定のRANGE_N関数に属する行のセットは、WorkloadID列、RecommendationID列、およびTableID列の共通値によって識別でき、テーブルに格納されているシーケンス値によって順序付けることができます。

推奨のパーティション式のSQLテキストの詳細は、パーティションの推奨事項を参照してください。

RangePartExprテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、RangePartExprテーブルを定義しています。

   CREATE SET TABLE RangePartExpr (
     WorkLoadID       INTEGER NOT NULL,
     RecommendationID INTEGER NOT NULL,
     TableID          BYTE(6) NOT NULL,
     TestColumn       VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                      NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     RangeStart       VARCHAR(18) CHARACTER SET UNICODE
                      NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     RangeEnd         VARCHAR(18) CHARACTER SET UNICODE
                      NOT CASESPECIFIC,
     RangeSize        VARCHAR(50) CHARACTER SET UNICODE
                      NOT CASESPECIFIC,
     RangeSequence    INTEGER NOT NULL )
   PRIMARY INDEX (RecommendationID, TableID);

RangePartExprの属性の定義

次のテーブルは、RangePartExprテーブルの属性を定義しています。

属性 定義
WorkLoadID 分析されたワークロードの識別子。

RangePartExprにおけるNUPIの構成要素。

RecommendationID この推奨事項が属するパーティション化推奨事項セットの識別子。

RangePartExprにおけるNUPIの構成要素。

TableID パーティション式の推奨が行なわれているテーブルの固有識別子。
TestColumn RANGE_N関数内でtest_valueとして機能する列名
RangeStart 文字列表現に格納されている、現在の範囲の開始境界値
RangeEnd 文字列表現に格納されている、現在の範囲の終了境界値
RangeSize EACH句によって指定される現在の範囲のサイズ
RangeSequence 昇順の範囲セットを定義する際に使用できる関数式内の現在の範囲の連番。

開始値は1です。