17.00 - 17.05 - 高速パス ローカル入れ子結合 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

高速パス ローカル入れ子結合プロセス

高速パス入れ子結合式に該当するプロセスが次のテーブルに示されています。高速パス入れ子結合では、右のテーブルが基本テーブルではなくNUSIサブテーブルである点を除けば、高速パス マージ結合に似ていることに注意してください。

このロジックは複数の結合行を返します。なぜなら、左右のテーブルの行の対ごとに右のNUSIサブテーブルからの複数の行IDがあるからです。

  1. 左の基本テーブルから行を読み取り、そのハッシュ値を記録します。
  2. 右のNUSIサブテーブルから、行ハッシュ>=左の基本テーブルの行の行ハッシュになっている次の行を読み取ります。
    • 行のハッシュ値が等しい場合は、2つの行を結合します。
    • 行のハッシュ値が等しくない場合は、大きい方の行ハッシュ値を使用して右NUSIサブテーブルから行を読み取ります。

次のSELECTリクエストの例は、非常に単純な高速パス ローカル入れ子結合を使って処理される問合わせです。

SELECT *
FROM table_1, table_2
WHERE table_1.x_1 = 10
AND   table_1.y_1 = table_2.NUSI;