17.00 - 17.05 - UserRemarks - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UserRemarksの機能

Teradata System Emulation ToolまたはVisual EXPLAINクライアント ユーティリティのいずれかを使用して作成された、獲得済みの計画に関するユーザーのコメントを格納します。

UserRemarksテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、UserRemarksテーブルを定義します。

   CREATE TABLE UserRemarks(
     QueryID     INTEGER,
     StepID      INTEGER,
     WorkloadID  INTEGER,
     RowType     CHARACTER(1) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC
                 NOT NULL,
     SeqNumber   INTEGER NOT NULL,
     UpdTime     TIMESTAMP(6) NOT NULL,
     UserName    VARCHAR128 CHARACTER SET UNICODE
                 NOT CASESPECIFIC NOT NULL,
     Remarks     VARCHAR31000 CHARACTER SET UNICODE
                 NOT CASESPECIFIC NOT NULL)
   PRIMARY INDEX (QueryID, UserName);

UserRemarksの属性の定義

次のテーブルは、UserRemarksテーブル属性を定義します。

属性 定義
QueryID 注釈が保管されている問合わせのID。

このテーブルの部分的なNUPI。

StepID 注釈が保管されているステップのID。
WorkloadID この問合わせが属するワークロードのID。
RowType 注釈を収集したユーティリティを指定し、その注釈が保管されたのか生成されたのかを指定する。
  • Tの場合、コメントはインポート時に、Teradata System Emulation Toolユーティリティにより自動生成。
  • Vの場合、コメントはVisual EXPLAINユーティリティにより保管。
SeqNumber 注釈の順序を示すシステム生成の番号(1行目は1、2行目は2など)。
UpdTime 注釈が最後に更新された際のタイムスタンプ。
UserName 行を最後に更新したユーザーのシステム ユーザー名。

このテーブルの部分的なNUPI。

Remarks ステップまたは問合わせの注釈。

UserRemarksの関連トピック

Teradata System Emulation ToolユーティリティおよびTeradata Visual Explainユーティリティに関する詳細は、次のマニュアルを参照してください。
  • Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド、B035-2492
  • Teradata® Visual Explainユーザー ガイド、B035-2504