17.00 - 17.05 - Predicate - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Predicateの機能

問合わせ内の特定のAMPステップに適用されるインデックス、結合、または残余条件すべてを記述します。

Predicateテーブルの定義

次のCREATE TABLEリクエストは、Predicateテーブルを定義しています。

   CREATE TABLE Predicate (
     PredicateID          INTEGER NOT NULL,
     StepID               INTEGER NOT NULL,
     PredicateKind        CHARACTER(1) NOT NULL,
     PredicateText        VARCHAR(2000) CHARACTER SET UNICODE
                          NOT CASESPECIFIC NOT NULL
     Overflow CHAR(1)     CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC
     Complete CHAR(1)     CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC)
   UNIQUE PRIMARY INDEX PK_PredID (PredicateID);

Predicateの属性の定義

次のテーブルは、Predicateテーブルの属性を定義しています。

属性 説明
PredicateID
  • 述部の固有識別子。
  • このテーブルのUPI。
StepID AMPステップの固有識別子。
PredicateKind このステップに関連した述部条件の種類を記述する。
  • Aの場合、述部は追加結合条件。
  • Gの場合、述部は範囲制約。

    値順リレーションに使用する。

  • Iの場合、述部はインデックスに関連付けられている条件。
  • Jの場合、述部は結合条件。
  • Lの場合、述部は結合内の左リレーションの条件。
  • Qの場合、ソース条件に対して行パーティション排除が発生。

    これは、結合における右または左のテーブルでの残余条件、または単一のテーブル検索での残余条件。行パーティション削除は行にアクセスする前に発生するため、この条件は削除されていない行パーティションから検索された行にのみ適用されます。

  • Rの場合、述部は結合内の右リレーションの条件。
  • Sの場合、述部はソース条件。

    これは、結合における右または左のテーブルでの残余条件、または単一のテーブル検索での残余条件。行にアクセスするまでは、行パーティション削除は発生しません。

PredicateText EXPLAINレポートに現れる述部のテキスト全体。
Overflow 述部のテキストが2000文字を超える場合は、Tの値が含まれます。そうでない場合は、Fの値が含まれます。
Complete 完全な述部のテキストが述部テーブルまたはqryrelxテーブルに保存されている場合は、Tの値が含まれます。LIMIT句が存在し、指定された制限サイズが実際の述部サイズよりも小さい場合、このフィールドにはFの値が含まれます。