17.00 - 17.05 - 入れ子結合 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-1142-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

入れ子結合は、あるテーブルにおいてWHERE条件で固有インデックスに定数値がある等結合を指定する結合で、それらの条件は、第2のテーブルのプライマリ インデックス、またはセカンダリ インデックスに対する単一行のある列にも一致します。入れ子結合は、利用できる結合の中で最もパフォーマンスの優れた結合の1つです。その理由は、入れ子結合がリレーションを結合するために全AMPに影響を及ぼす必要がない唯一の結合タイプだからです。

入れ子結合について

入れ子結合には2つのタイプがあります。ローカルおよびリモートです。

  • 通常は、リモート入れ子結合よりローカル入れ子結合のほうがよく使用されます。ローカル入れ子結合については、ローカル入れ子結合で説明されています。
  • リモート入れ子結合については、リモート入れ子結合で説明されています。