17.10 - フィルタ処理を使用したより効率的なParquetデータの取得 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

バケット内のすべてのオブジェクトを読み取るには時間とコストがかかる場合があります。別の解決策として、次のメソッドの一方または両方を使用してオブジェクト ストアをフィルタ処理します。

パス フィルタリング
  • パスは、オブジェクト ストア内の1つ以上のオブジェクトを識別するマルチレベル キー(siteno、year、month、day)を構成する一連の値です。
  • パス フィルタリングを使用すると、パス キーで異なるレベルに値を指定して、オブジェクト ストア内のどのオブジェクトをデータベースに戻すかを事前に選択できます("WHERE $path.$siteno = 09380000"など)。
列フィルタリング
  • Parquetは、データがオブジェクト ストアにある間に、列レベルでフィルタを適用する機能をサポートします。
  • これは、返されるデータの量を減らす上でパス フィルタリングと同じくらい効果的です。