17.10 - 指定したLOCATIONのペイロードを返すためのNOSREAD_RECORDの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Native Object Store 入門ガイド

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1214-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

NOSREAD_RECORDでは、外部レコードごとに1行が返されます。

READ_NOSのデフォルトのRETURNTYPEはNOSREAD_RECORDなので、クエリーでRETURNTYPEパラメーターを指定することはオプションになります。

SELECT TOP 2 payload.* FROM (
LOCATION='/s3/td-usgs-public.s3.amazonaws.com/JSONDATA/'
AUTHORIZATION='{"ACCESS_ID":"","ACCESS_KEY":""}'
RETURNTYPE='NOSREAD_RECORD'
) AS d;

この例では、 JSONデータを含むTeradata提供のパブリックバケットにアクセスします。パブリック バケットの場合、ACCESS_IDとACCESS_KEYは空の文字列です。公開されていないバケットまたはコンテナにアクセスする場合は、ACCESS_IDとACCESS_KEYを一重引用符で囲んでクレデンシャルを含めます。

ペイロードは、LOCATIONで指定された外部の場所に格納されているデータです。

LOCATION、ACCESS_ID、ACCESS_KEYを置き換えて、独自の外部ストレージにアクセスします。

結果:

Payload.*
---------------------------------------------------------------------------
["09380000","2018-07-02 00:00","11400","8.97","11.4","654","0.00"]
["09380000","2018-06-30 00:00","15900","9.92","10.4","685","0.00"]