17.00 - 17.05 - 代替手段: 派生テーブルの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

集約を同じSELECTリストにまとめて指定するのに使用できるのはウィンドウ関数のみですが、派生テーブルまたはビューを使用して、ウィンドウ関数とTeradata固有の関数を集約と組み合わせることができます。派生テーブルまたはビューを使用すると、計算の意味体系を明確にすることにもなります。

以下の例は、店舗内の特定の製品の売上げ順位と、各店舗のトップ3の製品が店舗売上げ全体に占める割合を示したものです。

   SELECT RT.storeid, RT.prodid, RT.sales,
   RT.rank_sales, RT.sales * 100.0/ST.sum_store_sales
   FROM (SELECT storeid, prodid, sales, RANK(sales) AS rank_sales
   FROM sales_tbl
   GROUP BY storeID
   QUALIFY RANK(sales) <=3) AS RT,
   (SELECT storeID, SUM(sales) AS sum_store_sales
   FROM sales_tbl
   GROUP BY storeID) AS ST
   WHERE RT.storeID = ST.storeID
   ORDER BY RT.storeID, RT.sales;

結果のテーブルは、例えば以下のようになります。

storeID prodID sales rank_sales sales*100.0/sum_store_sales
1001 D 35000.00 3 17.949
1001 C 60000.00 2 30.769
1001 A 100000.00 1 51.282
1002 D 25000.00 3 25.000
1002 C 35000.00 2 35.000
1002 A 40000.00 1 40.000
1003 C 20000.00 3 20.000
1003 A 30000.00 2 30.000
1003 D 50000.00 1 50.000
..。 ..。 ..。 ..。