16.20 - XMLデータの格納 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata Databaseには、XMLデータを格納するため、以下の方法が用意されています。
  • XMLデータ型で定義されている列を含むテーブルにXMLデータを格納する方法
  • XMLシュレッディングを使用してXML 文書から値を抽出し、それらの値を使用してデータベース内のテーブルを更新する方法

以下のテーブルで、XMLデータ格納のための2つの方法の比較を示します。

XML型 XMLシュレッディング
  • XMLコンテンツを格納する前に、階層型モデルとリレーショナル モデルとの間のマッピングが不要。
  • XML検証から派生した階層情報や型情報など、XML文書の情報セットが保持される。
  • XMLコンテンツがコンパクトなバイナリ形式で格納される。
  • XMLコンテンツ格納の前に、XML文書構造からターゲット テーブルへのマッピング操作が必要。
  • 文書の同一性が保持されない。
  • 大きいXML文書の問合わせパフォーマンスが高い。