16.20 - XML型の変換 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

フィールド、レコード、および標識モードのXML型は変換を使用します。 XML型には、オブジェクトをCLOB、BLOB、VARCHAR、およびVARBYTEに変換する次の定義済み変換グループがあります。

変換グループ 複雑なデータ型 プライマリ タイプ デフォルト 形式
TD_XML_CLOB XML CLOB はい CHARACTER SET UNICODEのテキスト形式
TD_XML_BLOB XML BLOB いいえ UTF-8のテキスト形式
TD_XML_VARCHAR XML VARCHAR(32000) いいえ CHARACTER SET UNICODEのテキスト形式
TD_XML_VARBYTE XML VARBYTE(64000) いいえ UTF-8のテキスト形式

CREATE PROFILE/MODIFY PROFILEまたはCREATE USER/MODIFY USER文でTRANSFORMオプションを使用して、ユーザーに対して特定のデータ型に使用される変換グループを指定できます。

現在のセッションでアクティブな変換グループを変更するには、SET TRANSFORM GROUP FOR TYPE文を使用します。データ型に対してこの文を複数回使用し、セッション内である変換グループから別の変換グループに切り替えることができます。ログオン ユーザーにすでに変換設定が指定されている場合、この文は現在のセッションの変換設定を変更します。

CREATE TRANSFORMまたはREPLACE TRANSFORMを使用して、複合データ型(CDT)の新しい変換を作成することはできません。構造化された固有のユーザー定義型(UDT)に対してのみ、新しい変換を作成できます。

変換グループのマクロ

次のマクロを使用して、UDT (またはCDT)の変換グループ、またはユーザー、プロファイル、または現在のセッションの変換グループ設定を見つけることができます。

マクロ 説明
SYSUDTLIB.HelpCurrentUserTransforms 現在のログオン ユーザーの変換グループ設定をリストする。
SYSUDTLIB.HelpCurrentSessionTransforms 現在のセッションの変換グループ設定をリストする。
SYSUDTLIB.HelpUserTransforms(User) 特定のユーザーの変換グループ設定をリストする。
SYSUDTLIB.HelpCurrentUDTTransform(UDT)

指定されたUDTに対する現在のセッションの変換グループ設定をリストする。

SYSUDTLIB.HelpUDTTransform(User,UDT) ユーザーのUDTの変換グループをリストする。
SYSUDTLIB.HelpProfileTransforms(Profile) 特定のプロファイルの変換グループ設定をリストする。

SYSUDTLIB.HelpProfileTransform(Profile,UDT)

プロファイルのUDTの変換グループをリストする。

これらのマクロの詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

関連トピック

  • XSLT変換
  • <Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>の「CREATE PROFILE」と「MODIFY PROFILE」
  • <Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>の「CREATE USER」と「MODIFY USER」
  • <Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>の「SET TRANSFORM GROUP FOR TYPE」