16.20 - 例: スキーマをテーブルに格納する - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

スキーマを定義した後、それを使用してXML値を検証する前に、それをテーブルに格納することができます。この例では、スキーマ文書がschematabというテーブルに格納されています。その定義は以下のとおりです。

CREATE TABLE schematab (
   schemaid VARCHAR(32),
   schemaContent XML )
   PRIMARY INDEX (schemaid);

この後に示す.IMPORT文で使用されているschema.txtファイルの形式は、以下のとおりです。

customerschema.xsd|customerschema.xsd

スキーマをschematabテーブルに格納するには、次の文を使用します。

.IMPORT VARTEXT '|' LOBCOLS=1 FILE=schema.txt
USING (fxsd XML AS DEFERRED, xmlid varchar(32))
INSERT into schematab values(:xmlid, :fxsd);