16.20 - 新しいXML型インスタンス - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
XML型インスタンスを構築するには、以下を使用します。
  • NEW演算子
  • CREATEXML関数
  • XMLPARSE関数

以下の例では、NEW演算子を使用することにより、customerText.customerXMLText列に含まれるXML文書のテキスト表現からXML型インスタンスを構築しています。

customerTextテーブルの中のcustomerXMLTextというVARCHARまたはCLOBの列の中に、XMLがテキスト表現でロードされると、それを使用してXML型のインスタンスを構築することができるようになります。

SELECT customerID, (NEW XML(customerXMLText)).XMLEXTRACT('/Customer/Address', NULL)
FROM customerText;

問合わせの結果:

customerID  NEW XML(customerXMLText).XMLEXTRACT('/Customer/Address', Null)
--------------------------------------------------------------------------
         1  <Address>100 1st Street, San Francisco, CA 94118</Address>

以下の例では、CREATEXML関数を使用することにより、customerText.customerXMLText列に含まれるXML文書のテキスト表現からXML型インスタンスを構築しています。

SELECT customerID, (CREATEXML(customerXMLText)).XMLEXTRACT('/Customer/Address', NULL)
FROM customerText;

問合わせの結果:

customerID  CREATEXML(customerXMLText).XMLEXTRACT('/Customer/Address', Null)
----------------------------------------------------------------------------
         1  <Address>100 1st Street, San Francisco, CA 94118</Address>

customerText.customerXMLText列としては、VARCHAR、CLOB、またはBLOBのいずれかの型が可能です。

また、XML型インスタンスは、結果としてXML型値を返すその他の操作(キャスト、メソッドや関数の呼び出しなど)によっても生成されます。