16.20 - VARCHARデータ型またはCLOBデータ型としてのXMLデータの取得 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

XML値は文字列にシリアル化して、VARCHARデータ型またはCLOBデータ型の値として返すことができます。このシリアル化は文書、シーケンス、アトミック値など任意のXML値で使用できます。

文書をシリアル化すると整形式文字列表現になります。シーケンスの場合、項目をシリアル化してスペースで区切ったものになります。アトミック値の場合、XMLスキーマ仕様に記述された、その値のカノニカル字句表現になります。

このようにしてシリアル化された値はセッション文字セットでエンコードされてクライアントに返されます。セッション文字セットで表現できない文字があった場合、エラーになります。