16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
名前空間は2つの方法で宣言できます。
  1. 名前空間をquery文字列で宣言します。 例:
    SELECT CREATEXML('<a xmlns="http://td.com"><b>c</b><b>d</b></a>').XMLEXTRACT('declare namespace td = "http://td.com"; /td:a/td:b', NULL);

    名前空間はクエリーの先頭で宣言されます: declare namespace td = "http://td.com"

  2. nsmapパラメータでprefix=namespace_uri宣言の文字列として名前空間を指定します。スペースを使用してそれぞれの名前空間宣言を区切ります。 例えば、
    SELECT CREATEXML('<a xmlns="http://td.com"><b>c</b><b>d</b></a>').XMLEXTRACT('/td:a/td:b', 'td=http://td.com');