16.20 - XMLSPLIT引数のタイプとルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

XMLSPLITテーブル関数は、次の引数を受け取ります。

パラメータ名 データ型 説明
docID INTEGER 出力文書をそれらのソース文書に相関させます。
sourceDoc CLOB ソース文書
splitSize INTEGER 結果として得られる文書のサイズ
splitPath VARCHAR

CHARACTER SET UNICODE

ソース文書が分割される文書階層での再帰要素へのパス。splitPathでは、'*'などのワイルドカード文字を使用して、文書を分割できる階層レベルへのパス(/A/B/*など)を示すことができます。
replicationList VARCHAR

CHARACTER SET UNICODE

すべての出力文書での複製が必要な要素へのパスのカンマ区切りのリスト。

これは、オプションの引数です。