16.20 - XMLパブリッシング - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

XMLパブリッシングとは、SQL問合わせの結果をXMLとしてフォーマットするプロセスです。SQL問合わせ結果は、ユーザーが提供したマッピング指定に従ってXML形式にマップされます。

Teradata DatabaseからXMLをパブリッシュするには、以下のタスクを実行します。

  1. XMLとしてパブリッシュする出力を返すSQL問合わせを定義します。
  2. SQL問合わせ結果から目的のXML構造へのマッピングを定義します。
  3. マッピングを簡単に参照できるように、例えばスタイルシート リポジトリ テーブルに格納します。
  4. XMLパブリッシング ストアド プロシージャの1つ(XMLPUBLISHまたはXMLPUBLISH_STREAM)に以下の引数を指定して呼び出します。
    • ステップ1で定義したSQL問合わせ
    • ステップ3で保存したマッピング

問合わせ結果のカノニカル表現から目的のXML出力構造への変換を定義するXSLTスタイルシートとして、XMLパブリッシング マッピングを定義します。

XMLPUBLISHまたはXMLPUBLISH_STREAMへのXslt(マッピング定義)引数としてNULLを渡すと、ストアド プロシージャは出力としてカノニカルXML表現を返します。