16.20 - 例: 統合スキーマ文書 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下に、サンプルの統合スキーマ文書を示します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ConsolidatedSchema
   schemaURI="http://www.example.com/schemauri" >
   <ComponentSchema locationURI="http://example.com/schemauri"
      targetNamespace="http://www.example.com/tns">
      <xs:schema xmlns:xs="..." xmlns:xsi="..."
         xmlns:tns="http://www.example.com/tns">
      ....
      </xs:schema>
   </ComponentSchema>
   <ComponentSchema locationURI="http://www.example.com/includedschema1.xsd"
      targetNamespace="http://www.example.com/tns">
      <xs:schema xmlns:xs="..." xmlns:xsi="..."
         xmlns:tns="http://www.example.com/tns">
      ....
      </xs:schema>
   </ComponentSchema>
   <ComponentSchema locationURI="../otherschema/importedschema1.xsd"
      targetNamespace="http://www.example.com/tns2">
      <xs:schema xmlns:xs="..." xmlns:xsi="..."
         xmlns:tns2="http://www.example.com/tns2">
      ....
      </xs:schema>
   </ComponentSchema>
</ConsolidatedSchema>

ConsolidatedSchema要素はエンベロープを表わし、エンベロープにはスキーマを作り上げる個々のスキーマ文書が入れられます。これにより、schemaURI属性を使用して求められるスキーマが識別され、完全な自己識別パッケージが作成されます。

ConsolidatedSchema要素の子であるComponentSchema要素は、スキーマ文法を作り上げる個々のスキーマ文書をラップします。この要素にはlocationURI属性が含まれており、これを使用して、ルート スキーマの処理中、必要時にスキーマ文書が選び出されます。例えば、指定されたロケーションURIにあるスキーマを、ルート スキーマ、またはインポート/インクルードされた他のスキーマの1つにインポートする場合、リゾルバーは該当するlocationURI属性に対応するComponentSchema要素を選び出し、そのxs:schema子要素を取り出します。