16.20 - スキーマの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

CREATESCHEMABASEDXMLメソッドおよびISSCHEMAVALIDメソッドは、引数としてスキーマを受け入れます。単一のスキーマ文書(別のスキーマ文書をインクルードもインポートもしないスキーマ文書)で構成されるXMLスキーマの場合、メソッドにスキーマ文書をXML型の値として渡すことができます。複数の文書で作り上げられたXMLスキーマの場合、メソッドに統合スキーマ文書をXML型の値として渡す必要があります。

スキーマ文書または統合スキーマ文書は、テーブルに格納することができます。それは、次のようにして、結合を介してスキーマ検証を実行する問合わせで使用できます。

SELECT customerID, customerXML.ISSCHEMAVALID(schematab.schemacontent, 'Customer', '')
FROM customer, schematab
WHERE schematab.schemaid = 'customerschema.xsd';

1行に対して複数の検証を実行する場合は、次の形式の副問合わせを使用できます。

SELECT x.xmlcol1.isschemavalid(s1.schemacontent, '', ''),
   x.xmlcol2.isschemavalid(s2.schemacontent, '', '')
FROM xmldata x,
   (select st.schemacontent
    from schematab st
    where st.schemaid = 'myFirstSchema.xsd') s1,
   (select st.schemacontent
    from schematab st
    where st.schemaid = 'mySecondSchema.xsd') s2;