16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

schemaは、1つのテーブルの中で、固有IDが関連付けられた1つのXML型値として格納されていなければなりません。このメソッドを呼び出す場合、スキーマ テーブルを結合することができ、その際にWHERE句でその固有IDによりスキーマを指定することができます。

schemaが単一のスキーマ文書(別のスキーマ文書がインクルードされておらずインポートもされていないスキーマ文書)の場合、そのスキーマ文書をXML型値としてこのメソッドに渡すことができます。

schemaが複数の文書で構成されている場合、以下を実行します。

  1. スキーマおよびスタイルシート統合ユーティリティを使用して、スキーマ文書を統合します。
  2. 統合後のスキーマ文書を、XML型値としてこのメソッドに渡します。