16.20 - XMLデータ型の概要 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseでは、XMLデータ用のXMLデータ型が提供されています。これは、Teradataでサポートされている他のSQLデータ型の場合と同じように使用できます。

XML型を使用することにより、XML検証から派生する階層情報および型情報など、XML文書の情報セットを保持するコンパクトなバイナリ形式で、Teradata DatabaseにXMLコンテンツを格納することができます。XML文書から値を抽出するだけのXMLシュレッディングとは異なり、文書の同一性が保持されます。

XML型は2GBまでのサイズのXML値を格納し、以下のようなXML処理機能をサポートします。
  • XSD検証
  • XPathおよびXQueryをベースとする問合わせ
  • XMLコンテンツのXSLT変換

単一のXML文書を表わすものとしての使用がXML型インスタンスの一般的な用途ですが、要素、属性、さらにはアトミック値を1つの項目として複数項目のシーケンスを表わすものとして使用することも可能です。

以下のようなXML値に使用できます。
  • XML文書の断片(要素、属性、テキストなどのノード)
  • XMLスキーマで事前定義されている単純な型(stringやintなど)の値