16.20 - XMLTABLE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

XMLツリー構造を行セットに変換します。

構文





デフォルトの名前空間宣言項目は、1回のみ含めることができます。それは、カンマ区切り名前空間宣言のリストの中の任意の位置、またはリストの末尾に出現可能です。




XML namespace declaration

問合わせ式(行と列)の評価時点のスコープを決定するXML名前空間。

ここに指定される名前空間宣言は、問合わせのプロローグの中で宣言されている名前空間によって上書きされます。
'XML_namespace_URI'
XML名前空間を識別するURI(Uniform Resource Identifier)。
XML_namespace_prefix
名前空間接頭辞。
'XML_tab_row_pattern'
文字列リテラルとして指定する有効なXQuery式。項目ごとに1行がこの問合わせの結果の中に生成されます。
XML query argument
行パターン問合わせの引数または引数リスト。
BY VALUE
行パターン問合わせ引数は値渡しです。これは、デフォルトです。
XML_query_content_item

XML問合わせコンテキスト項目を表わす値式。

渡すことができるコンテキスト項目は1つのみです。

XML_query_variable AS variable_name

以下の形式のXML問合わせ変数

value_expression AS identifier
COLUMNS

関数から返されるテーブルの中の列。

指定されない場合、COLUMN_VALUEという単一の列が関数から返されます。その内容は、行パターン問合わせの評価結果のXML型値です。

column_name
出力テーブルの中での列の名前。
FOR ORDINALITY
列の内容は、最初の行を1として生成される行の順序番号を表わす整数です。
data_type
出力テーブルの中での列のデータ型。
PATH 'char_str_literal'
XMLテーブル列パターン、列値を返す問合わせ。この問合わせは、行問合わせから返される項目に対する相対値として評価されます。つまり、行問合わせから返される項目がコンテキスト項目として使用されます。結果の値は列データ型にキャストされます。
default_clause

列問合わせから返される結果がない場合に使用される列のデフォルト値。

デフォルト句は、CLOB、BLOB、UDTなどの特定のデータ型には適用されません。