16.20 - 引数のタイプとルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • XML_value_exprはXML型でなければなりません。
  • 構成する要素には、ANSI SQL/XML仕様のルールを適用することによって派生した名前が付けられます。それはXML 1.1 QNameになります。
  • XML要素コンテンツが提供されている場合、属性の名前をxsi:nilにすることはできません(xsiは、名前空間URI "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"で識別されるxmlスキーマ インスタンス名前空間にマップされます)。
  • XML要素コンテンツがNULLの場合、結果値はXMLコンテンツ オプションによって決まります。XMLコンテンツ オプションが指定されていない場合、デフォルトはEMPTY ON NULLです。XML要素コンテンツがNULLであり、かつXMLコンテンツ オプションが
    • NULL ON NULLの場合、NULLが返されます。
    • ABSENT ON NULLの場合、空のXQueryシーケンスが返されます。
    • NIL ON NULLの場合、構成する要素にxsi:nil=trueという属性が追加されます(xsiは、xmlスキーマ インスタンス スキーマに関連付けられた接頭辞)。
    • EMPTY ON NULLの場合、パラメータの残り(名前、名前空間、属性など)に応じて空要素が生成されて返されます。
  • XML要素コンテンツが、テキスト ノードでも要素ノードでもないノードのみからなるシーケンスの場合、かつXMLコンテンツ オプションがNIL ON NO CONTENTの場合、構成される要素に属性xsi:nil=trueが追加されます。