16.20 - スキーマ注釈の追加 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

XMLスキーマに注釈を追加するには、xs:annotation要素をその子要素xs:appInfoと共に追加し、アプリケーション特有の要素があればそれをその下に追加します。

以下に、注釈の一部として出現するさまざまな要素を説明するために使用されるコンテキスト注釈の例を示します。

<xs:annotation>
   <xs:appinfo>
      <context xmlFeatureVersion="1.0" xmlns="http://www.teradata.com/xml">
         <defaultDatabase>XMLTYPE_TEST</defaultDatabase>
         <defaultEncoding>ISO-8859-1</defaultEncoding>
         <rootElement ref="_customer_item_"/>
         <transaction>
            <operation type="insert">
               <table name="CUSTDTL">
                  <column name="ID" ref="_customerID_item_" path="Customer/@ID">
                     <sqltype name="char">
                        <constraint name="length">9</constraint>
                     </sqltype>
                  </column>
                  ...
                  ...
</xs:annotation>

コンテキスト注釈はスキーマで最も重要な注釈であり、文書をどのようにシュレッドするかを定義するためのものです。これは、シュレッドするXML文書を記述するルート スキーマ文書のxs:schema 要素の下の最初の注釈として追加します。次の節では、コンテキスト注釈の重要な構成要素を説明します。