16.20 - スキーマに基づくXMLシュレッディング - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

XMLシュレッディングとは、XML文書から値を抽出し、それらの値を使用してデータベース内のテーブルを更新する処理です。これは、XML構造をターゲット テーブルにマップするユーザー定義マッピング指定に基づいて実行されます。

例えば、XML文書をシュレッドするには、典型的なタスクとして以下のことを実行できます。

  1. XML文書をロードして、ステージング テーブルのXML列にシュレッドします。
  2. 以下の2列からなる結果セットを返すSQL問合わせを定義します。
    • ID列
    • シュレッドするXML文書を含むXML列
  3. XML文書構造をターゲット テーブルにマップする注釈付きスキーマを作成します。
  4. マッピングを簡単に参照できるように、例えばスキーマ リポジトリ テーブルに格納します。
  5. AS_SHRED_BATCHストアド プロシージャに以下の引数を指定して呼び出します。
    • ステップ2で定義したSQL問合わせ
    • ステップ4で保存した注釈付きスキーマ