16.20 - XML型の制約 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • XML型に入れることのできる値のサイズは、2 GBまでです。しかし、XSLTおよびXQueryなどの操作でサポートされるのは、操作をXML_MemoryLimit DBS制御フィールドで指定されているサイズ以下のメモリで処理できる小さいサイズの文書についてのみです。
  • XML型列は、以下の状況では使用できません。
    • キュー テーブルの中での出現
    • インデックスの一部となること
    • 結合に関与すること
    XML型が非LOB型の場合はそれが結合インデックスの一部になる場合があります。ただし結合インデックスのプライマリ インデックスの一部にはなりません。
  • XML型列を、ORDER BY、GROUP BY、HAVINGなど、順序付けや比較に依存する句の中で使用することはできません。
  • XML値を算術式の中で使用することはできません。XML値が、xs:intなど、算術計算の中で使用可能な型であるという可能性はあります。その場合、XML値を該当するSQL型にキャストして計算を実行することができます。
  • XML型値を比較で使用することはできないため、関係比較演算(>、<、=など)では使用しないでください。XML値を他のスカラーSQL型に明示的にキャストすることは可能であり、それらの型の値は比較で使用できます。例えば、値がXML型のxs:intであることが分かっているなら、それをSQLの整数データ型にキャストして、整数同士の比較を実行することができます。
    XML値は比較可能でないため、セット テーブルへの挿入などにおける行重複チェックには含められません。この動作は、行重複チェックに含められないCLOB/BLOBの場合と類似しています。
  • XML値の外部表現は文字列型ですが、XML値に対して直接文字列操作を実行することは許されていません。XMLをシリアル化したりキャストしたりして、その文字列表現を生成すれば、それに対して文字列操作を適用することは可能です。