16.20 - XMLSPLIT - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

XMLSPLITテーブル関数は、入力として1つのXML文書を受け取り、複数の行を返します。それぞれの行にはソース文書から分割された小さな文書が含まれています。XSLTベースのシュレッディングまたはスキーマ ベースのシュレッディングを、これらの小さいXML文書に適用できます。

この関数は、XML文書をメモリで処理する必要があり(XSLTベースのシュレッディング、XML問合わせ、XSLT処理など)、XMLMemoryLimit dbscontrolの設定による制約があるためメモリにロードするには大きすぎる場合に役立ちます。XMLSPLITでは、XML文書をCLOBデータ型のパラメータとして渡す必要があります。これは、XML型インスタンスを作成してさらに処理を行なう前に、XML文書を小さい文書に分割する前処理ステップとしてXMLSPLITを使用することが想定されるためです。XMLSPLITは、分割された文書をCLOBデータ型として返します。

構文