16.20 - XML文書からターゲット テーブルへのマッピング - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ストリーム シュレッディングの場合、W3C XMLスキーマ文書を作成して、シュレッドするXML文書を記述するマッピングを定義します。スキーマ文書は、XML文書の構文と構造を記述するXML文書です。文書に注釈を追加して、XML文書のさまざまな部分をデータベースのターゲット テーブルにどのようにマップするかを記述します。

XMLスキーマ文書内の注釈は、XMLシュレッディング プロシージャが命令として解釈するコメントです。これは、準拠するXML文書からどのデータ項目を抽出し、ターゲット テーブルの更新でそれらのデータ項目をどのように使用するかに関する命令です。この注釈は、注釈の解釈方法を知らないアプリケーションでは無視されます。