16.20 - 例: XMLELEMENTを使用したXML要素ノードの生成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の問合わせで返されるXML要素は、<Item ID="001"/>をシリアル化した結果です。

SELECT XMLELEMENT(NAME Item, XMLATTRIBUTES('001' AS ID));

問合わせの結果は、次のとおりです。

XMLELEMENT(NAME Item, XMLATTRIBUTES('001' AS ID) RETURNING SEQUENCE)
--------------------------------------------------------------------
<Item ID="001"></Item>

次の問合わせで返されるXML要素は、<Item xmlns="http://example.teradata.com" ID="001"/>をシリアル化した結果です。

SELECT XMLELEMENT(NAME Item, XMLNAMESPACES(DEFAULT 'http://example.teradata.com'),
   XMLATTRIBUTES('001' AS ID));

問合わせの結果は、次のとおりです。

XMLELEMENT(NAME Item, XMLNAMESPACES(DEFAULT 'http://example.teradata.com'),
XMLATTRIBUTES('001' AS ID) RETURNING SEQUENCE)
---------------------------------------------------------------------------
<Item ID="001" xmlns="http://example.teradata.com"></Item>