16.20 - XML型およびXQueryの関数の概要 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

このセクションでは、以下のような機能を提供する関数について説明します。

XML型インスタンスについての情報を返します。
  • DataSize
さまざまなタイプのXMLノードおよびXMLノード シーケンスの作成。
  • CREATEXML
  • XMLDOCUMENT
  • XMLELEMENT
  • XMLFOREST
  • XMLCONCAT
  • XMLCOMMENT
  • XMLPI
  • XMLTEXT
  • XMLAGG
解析、検証、問合わせなどのXML処理操作。
  • XMLPARSE
  • XMLVALIDATE
  • XMLQUERY
  • XMLSERIALIZE
  • XMLTABLE
  • XMLSPLIT

関数は、ANSI SQL/XML(SQL 2008)に準拠しています。

これらの関数に渡す引数がラージ オブジェクト引数の場合、それは暗黙のうちにXML型にキャストされます。そのような引数は、64KB以下でなければなりません。例えば、コンテンツが64KBを超えるサイズのラージ オブジェクトによって指定されるような要素を、XMLELEMENTを使用して構成することはできません。
このセクションに示されている例で参照されているテーブル、ファイル、およびデータの定義については、以下を参照してください。