16.20 - XSLT_SHRED引数のタイプとルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

XSLT_SHREDは、次の入力引数を受け取り、結果コードを返します。

パラメータ名 パラメータ タイプ データ型 説明
xmlDoc IN XML ターゲット テーブルにシュレッドされるXML文書。

このパラメータがNULLの場合、エラーが報告されます。

xsltMapping IN XML XSLTスタイルシートは、シュレッドするXML文書要素からターゲット テーブルの列へのマッピングを可能にします。
externalContext IN VARCHAR(512)

CHARACTER SET UNICODE

シュレッディング操作をパラメータ化するname=valueペアのセミコロン区切りリスト。これらの値は、defaultDatabaseなど、注釈付きスタイルシート マッピングで指定された構成パラメータを上書きします。
resultCode OUT INTEGER 以下の戻りコード。
  • 0 = 成功
  • 1 = 失敗