16.20 - 例: XMLDOCUMENTを使用したXML型値からのXML文書ノードの作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下の問合わせでは、'Customer'という名前の子要素を伴うXML文書ノードが返されます。
SELECT XMLDOCUMENT(new XML('<Customer/>'));
問合わせの結果:
XMLDOCUMENT( NEW XML('<Customer/>') RETURNING SEQUENCE )
--------------------------------------------------------
<Customer></Customer>
以下の問合わせでは、'Name'および'Address'という名前の2つの子要素を伴うXML文書ノードが返されます。これは、XML1.1の仕様に準拠した整形式の文書ではありませんが、XQueryデータ モデルでは許容されます。
SELECT XMLDOCUMENT(XMLQUERY('(<Name/>, <Address/>)') RETURNING CONTENT);
問合わせの結果:
XMLDOCUMENT(XMLQUERY('(<Name/>, <Address/>)') RETURNING CONTENT)
----------------------------------------------------------------
<Name></Name><Address></Address>