16.20 - XMLデータを格納するテーブルの作成と変更 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
XML型の列を含むテーブルを作成したり、XML型の列を追加、削除、名前変更してテーブルを変更できます。
  • XML型でUDT型で許可されている同じCREATE TABLEまたはALTER TABLEオプションを指定することができます。
  • CREATE TABLE文を使用して、1つ以上のXML型列を含むテーブルを作成できます。
    XML型の列をインデックス定義で使用することはできません。
  • ALTER TABLE文を使用して、XML型の列の追加、削除、名前変更を行なうことができます。
  • ALTER TABLEを使用して、以下の制限を受けるXML列の最大長とインライン ストレージ長を変更できます。
    • 既存のXML列型がLOB型の場合は、最大長のみより大きな値に変更できます。
    • 既存のXML列型が非LOB型の場合は、新たに変更されたデータ型が非LOB型のままになる必要があり、新しい最大長とインライン長の値は古い値よりも大きい必要があります。

CREATE TABLEおよびALTER TABLEの詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語の構文規則および例、B035-1144>を参照してください。