16.20 - マップの再割り当てに使用されるセッション - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
テーブルからマップへの割り当てを変更するストアド プロシージャは、Teradata StudioやBTEQなどのSQLコマンド ライン インターフェースで実行します。テーブルが使用するマップを変更する前に、次のBTEQまたはTeradata Studioセッションを開く必要があります。
  • プロセスを管理する1つのセッション
  • ワーカー プロセスごとに1つのセッション
例えば、4つのワーカー セッションが必要な場合は、マネージャ用に1つのBTEQウィンドウを、すべてのワーカー セッションを作成するためのもう1つのウィンドウを開きます。アーカイブを次のように行なうことができます。
.SET SESSIONS 3
.LOGON machine/user,passwd
.REPEAT 3
Moverプロシージャでは3つのワーカー セッションを使用することをお勧めします。