16.20 - 再ドライブ保護の無効化 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
再ドライブ保護を無効にする対象 そのために行なうこと
システム レベル
  • データベース ウィンドウ(DBW)のSupervisorウィンドウか、cnstermなどの同種のコンソール サブシステム インターフェースから、ログオンを無効にする。
  • ログオンされているセッションがないことを確認する。
  • DBS制御フィールドRedriveProtectionを0に設定する。
すべてのセッション(デフォルト)
  • DBS制御フィールドRedriveProtectionを1に設定していることを確認する。
  • DBS制御フィールドRedriveDefaultParticipationを0に設定する。
セッション レベル セッション オプション パーセルの再ドライブ フィールドを「N」に設定する。
ユーザー、アカウント、またはプロファイル レベル TDWM.Redrive表で行を挿入するか変更し、ユーザー、アカウント、またはプロファイルに関するRedriveMethod列の値を1に設定する。詳細は、ユーザー、アカウント、およびプロファイルに関する再ドライブ保護の設定を参照してください。