16.20 - Moverプロセス中のクリーンアップの再始動 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
アボートまたはシステムの再始動によってMoverプロセスが中断されると、データベースがオンラインに戻ったときに進行中のトランザクションがロールバックされます。アボートまたは再始動後に、CleanUpMoveTablesSPを呼び出して残っている内部テーブルをクリーンアップします。 例えば、
CALL TDMaps.CleanUpMoveTablesSP();

システムが再始動すると、再始動が発生したときに、DBAは新しいマップに割り当てられていたテーブルのステータスを手動で確認する必要があります。テーブルは新しいマップを使用できますが、ActionHistoryTblのステータスがまだ更新されていないことがあります。

CleanUpMoveTablesSPプロシージャは、実際に完了したテーブルをアボート済みとしてマークすることがあります。これを解決するには、ActionHistoryTblで進行中と表示されているテーブルに対してSHOW TABLEリクエストを発行します。マップのSHOW TABLE/JOIN/HASH INDEXは、ステータスが完了になる前にマップの再割り当てが完了したかどうかを返して示します。

構文を含むCleanUpMoveTablesSPの詳細については、<Teradata Vantage™ SQL演算子とユーザー定義関数、B035-1210>を参照してください。