16.20 - オブジェクト使用カウントの有効化 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

オブジェクト使用カウントを有効にするには、BEGIN/REPLACE QUERY LOGGINGリクエストのWITH USECOUNTオプションを使用します。このリクエストは、データ ディクショナリ テーブルDBC.ObjectUsage内でのオブジェクト使用カウントの収集を開始します。デフォルトでオブジェクト使用カウントは無効ですが、実働データベースでは、自動化された統計の正確さを保つためにこれを有効にするのがベスト プラクティスです。

Teradata Databaseは以下の2つのバージョンのカウントを追跡して、同一の情報を収集します。

  • ユーザー カウント(ユーザーがリセットできる)。
  • システム カウント(システムだけがリセットできる)。