16.20 - DBQLキャッシュのフラッシュに関するオプション - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseは、DBQLデータをデータ ディクショナリ テーブルに書き込む前に、以下のいずれかまでキャッシュにデータを保持します。

  • キャッシュがいっぱいになる。
  • 問合わせロギングを終了する。
  • DBS制御ユーティリティのフィールドDBQLFlushRateで定義する秒数が経過した。
    間隔は1から3,600秒の範囲で指定できます。ただし、少なくともデフォルトの10分(600秒)のフラッシュ間隔を空けることを推奨します。10分未満の間隔では、パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。
  • DBQLキャッシュを手動でフラッシュする。