16.20 - クラッシュダンプを別のTeradataシステムに手動で保存する - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

クラッシュダンプの後にTeradataを再起動した後、実行中のオペレーティング システムとTeradata Databaseのバージョンが同じ場合は、そのダンプを別のTeradataシステムに保存できます。 これを行なうには、次の手順に従います。

  1. ロー ダンプ ディレクトリの内容を別のシステムにコピーします。
  2. 次のコマンドを使用して、CSPで見つかったすべてのダンプを保存します。
    csp -mode save -force
  3. 次のコマンドを使用して、クラッシュダンプがDBC.Crashdumpsに正しく保存されたことを検証します。
    # csp -mode list -source table
    csp: Searching for dumps in Teradata database Crashdumps on the local system
    csp: 1 dump found, 1 dump to process
    csp: Sel  DumpName                 Nodes Event Instigator      Status
    csp: ---  ------------------------ ----- ----- --------------- ------
    csp:  *   Crash_20080807_142628_01     1 10196 16384/2/(21600)
    #