16.20 - Viewpointを使用した固定領域の制限の調整 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. 領域使用状況ポートレットで、領域を増やす必要があるデータベースかユーザーを強調表示します。
    プロファイル内でスプールの値を定義してから、プロファイルのメンバーシップをユーザーに割り当てることもできます。
  2. 領域の追加ボタンをクリックし、次のようにします。
    • 固定領域を増やす必要があるデータベースまたはユーザーに対するDROP権限(MODIFY文を使用するために必要)があるデータベース ユーザーのユーザー名とパスワードを入力する。
    • 領域をメガバイト単位で入力し、譲渡される固定領域を直接所有するユーザーまたはデータベースの名前を入力する。

    システムは、領域を再割り当てするMODIFY DATABASE文またはMODIFY USER文を生成します。