16.20 - インデックス分析とパーティション化分析のワークロード キャッシュ制限を調整するDBS制御パラメータ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ - データベースの管理

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
管理
Publication ID
B035-1093-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata DatabaseのIndex Wizard処理では、QCDおよびその他の一時作業構造体から取得される情報をキャッシュに保存することを目的として、ワークロードキャッシュが割り当てられます。この情報は、さまざまなSQLワークロードにインデックスおよびパーティション式を推奨する分析および検証フェーズで必要です。

2つのDBS制御パフォーマンス グループ パラメータは、それぞれ分析段階と妥当性検査段階の、ワークロード キャッシュ サイズを制御します。
  • IAMaxWorkloadCache
  • IVMaxWorkloadCache

以下のテーブルに、これらのパラメータの詳細情報の一部を示します。詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

パラメータ 目的 有効範囲(MB) デフォルト(MB)
IAMaxWorkloadCache 分析操作用のIndex Wizardワークロード キャッシュの最大サイズを定義します。

このパラメータは、INITIATE INDEX ANALYSIS文とINITIATE PARTITION ANALYSIS文の両方に適用されます。

32 - 256 8
IVMaxWorkloadCache 妥当性検査操作用のIndex Wizardワークロード キャッシュの最大サイズを定義します。妥当性検査は、Teradataサポート センター担当者の指示によってのみ変更するようにしてください。 1 - 32 48