16.50 - Notificationサーバーの要件 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN

Linuxサーバーの要件

Linuxサーバー上でBTEQスクリプトおよび実行可能プログラムを実行するには、お客様が用意したLinuxサーバーにLinuxのTeradata通知サービスがインストールされている必要があります。LinuxでBTEQアラート アクションおよびプログラムの実行アラート アクションが不要な場合、LinuxのTeradata通知サービスは必要ありません。
ソフトウェア依存性 次のいずれかのSuSE Linux Enterpriseオペレーティング システム:
  • SuSE Linux Enterprise 10 Service Pack 3
  • SuSE Linux Enterprise 11 Service Pack 1またはService Pack 3
次のJava SE実行環境:
  • 64ビットJava SE実行環境7
BTEQおよび関連する依存性:
  • TTUのバージョンは対象のTeradata Databaseに依存するため、必要な依存性がすべてインストールされるように、TTU Client Main Installを使用してインストールする必要があります。
その他の要件 Linuxのシステム クロックをViewpointサーバーのクロックに同期させる必要があります。

Windowsサーバーの要件

WindowsサーバーでBTEQスクリプトおよび実行可能プログラムを実行するには、WindowsサーバーにWindowsのTeradata通知サービスがインストールされている必要があります。WindowsでBTEQアラート アクションおよびプログラムの実行アラート アクションが不要な場合、WindowsのTeradata通知サービスは必要ありません。
ソフトウェア依存性 次のいずれかのMicrosoftWindowsオペレーティングシステム:
  • Windowsサーバー2016
  • Windowsサーバー2012 R2
  • Windowsサーバー2008 R2
次のJava SE実行環境:
  • 32ビットJava SE実行環境7
BTEQおよび関連する依存性:
  • TTUのバージョンは対象のTeradata Databaseに依存するため、必要な依存性がすべてインストールされるように、TTU Client Main Installを使用してインストールする必要があります。
その他の要件 Windowsのシステム クロックをViewpointサーバーのクロックに同期させる必要があります。