16.50 - VMwareへのViewpointのインストール - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2021年4月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
  1. vSphereクライアントを使用してViewpointをデプロイするvCenter Server(ovaファイルがダウンロードされたサーバー)に接続します
  2. ホーム タブにあるInventories(インベントリ)から、Hosts and Clusters(ホストとクラスタ)を選択します。
  3. ナビゲータ ペインで、ホストを右クリックし、Deploy OVF Template(OVFテンプレートのデプロイ)を選択します。
  4. Select an OVF Template(OVFテンプレートの選択)を選択してから、以下の操作を行ないます。
    1. Local file(ローカル ファイル)メソッドを選択します。
    2. Choose Files(ファイルを選択)をクリックし、.ovaファイルをダウンロードしたときに作成したフォルダ内でこのファイルをブラウズします。
  5. 次の2つのウィンドウでNext(次へ)をクリックし、完了をクリックします。
  6. ナビゲータ ペインで、VMを右クリックし、Power(電源) > Power On(電源オン)を選択します。
  7. VMインスタンスが実行されたら、SSHと次の信頼証明を使用してネットワークにログインします。
    linux login: root
    Password: iumb123
    IPアドレスは、vSphereクライアントの要約画面に表示されます。
    vSphereクライアントを介したrootログオンは、デフォルトでは無効です。
  8. [オプション]-echo "tty1" >> /etc/securettyを実行して、コンソールを介したrootログオンを有効にします。
  9. ログイン後、ネットワークを以下のように構成します。
    1. #yastコマンドを実行します。
    2. Global Options(グローバル オプション)で次の選択を行ないます。
      • Network Setup Method(ネットワーク設定方法): ifupを使用した従来の方法
      • IPv6 Protocol Settings(IPv6プロトコル設定): IPv6を有効にする
      • DHCP Client Options(DHCPクライアント オプション): DHCP経由のデフォルト ルートを変更する
    3. Overview(概要)を選択してから、編集を選択して、IPアドレスを更新します。
    4. Host Name/DNS(ホスト名/DNS)を選択してから、ホスト名、ドメイン名、ネーム サーバー、およびドメイン検索用URLを更新します。
    5. Routing(ルーティング)を選択してから、デフォルト ゲートウェイを追加します。
  10. 次のように入力して、PostgresサービスとViewpointがサービスを再起動します。
    /etc/init.d/ postgres restart
    /opt/teradata/viewpoint/bin/ vp-control restart
  11. /opt/teradata/viewpoint/bin/vp-control.sh statusコマンドを実行して、すべてのViewpointサービスが実行されていることを確認します。

    [Viewpoint 16.20.00.03以降]

    ./vp-control.sh status
    Thu Sep 12 23:21:54 CDT 2019  Checking the status of all Teradata Viewpoint services.
    Checking for Teradata ActiveMQ:  running
    Checking for Teradata Alert Service:   running
    Checking for TMSMonitor:   running
    Checking for DCS:   running
    Checking for Viewpoint:    running
    Checking for PostgreSQL 9.4.19:    running
    

    [Viewpoint 16.50.00.00以降]

    /opt/teradata/viewpoint/dcs/bin # ./vp-control.sh status Tue Jan 21 13:00:03 PST 2020  Checking the status of all Teradata Viewpoint services.
    Using custom tdactivemq configuration: xbean:/opt/teradata/tdactivemq/config/td-activemq-static-network-broker.xml
    Checking for Teradata ActiveMQ:  running
    Checking for Teradata Alert Service:  running
    Checking for TMSMonitor:  running
    Checking for DCS:  running
    Checking for Viewpoint:  running
    Checking for PostgreSQL 10.10:  running