16.50 - 新しいTeradataシステムへのTeradata Data Labの移行 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
新しいTeradataシステムを使用する場合は、元のTeradataシステムに関連するData Labのメタデータを新しいTeradataシステムに移行する必要があります。この手順を完了すると、元のシステムの既存のすべてのラボ グループが、データ ラボ ポートレットの新しいシステム下に表示され、現在保留中のすべてのリクエストと今後のリクエストが新しいシステムに対して実行されます。移行されたラボ グループは元のシステムのデータ ラボ ポートレットに表示されなくなります。
  1. ラボ グループ ユーザー、ラボ データベース、ラボ グループ ロールなどのデータを古いTeradataシステムから新しいTeradataシステムに転送します。
  2. 監視対象システム ポートレットで、次のことを実行します。
    1. 古いTeradataシステムと新しいTeradataシステムの両方が監視対象システム ポートレットに表示されていることを確認します。
    2. 両方のシステムが有効であることを確認します。
    3. 両方のシステムのディクショナリ コレクタが有効であることを確認します。
  3. 次のコマンドを実行してアクティブなキャッシュ データベース サーバーからDCSをシャット ダウンします。
    /etc/init.d/dcs stop
  4. アクティブなキャッシュ データベース サーバーで、次のdcsadminコマンドを実行します。
    /opt/teradata/viewpoint/dcs/bin/dcsadmin.sh
  5. helpと入力して、migratedatalabssystemコマンドが使用できることを確認します。
  6. migratedatalabssystemコマンドを実行します。
  7. ソース システム(元のシステム)を選択します。
  8. ターゲット システム(新しいシステム)を選択します。
  9. 出力を検証して、移行が成功したことを確認します。
  10. 次のコマンドを実行してアクティブなキャッシュ データベース サーバーからDCSを開始します。
    /etc/init.d/dcs start
    移行の検証の準備が完了しました。
  11. データ ラボ ポートレットで次の手順を実行して、移行が正常に完了していることを確認します。
    1. 元のシステムに存在したデータ ラボのデータがすべて新しいシステムに存在することを確認します。保留中のデータ ラボの承認が正常に移行されていることも確認します。
    2. 元のシステムにデータ ラボが構成されていないことを確認します。