17.10 - マシン構成の表示 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
エクスポート操作を実行した後、インポート時間を見積もるためにソース マシンの構成を検討します。

インポートするエミュレーション情報の準備中に、ターゲット システムの構成を参照して互換システムかどうかを判断するのに便利です。

この手順にはデータベースへの接続が必要です。

  1. インポートウィンドウでをクリックします。
    ソース マシンの構成ダイアログ ボックスが開き、システム情報のエクスポート元マシンの詳細が表示されます。


    行名 説明
    エクスポート オプション 使用したエクスポートの種類(データベース、クエリー、作業負荷)
    バージョン 使用されたTeradataソフトウェアのバージョン
    リリース 使用されたTeradataソフトウェアのリリース
    日付 システム情報がエクスポートされた日付
    時間 システム情報がエクスポートされた時刻
    CharSet システム情報をエクスポートするのに使用された文字セット
    マシン名 システム情報のエクスポート元マシンの名前
    CLIv2接続の場合、hostsファイルに入力されたシステム名です。 ODBC接続の場合は、Teradata データベース ODBC ドライバ セットアッダイアログ ボックスのTeradata Server Infoに入力した名前です。 詳細は、接続方式を参照してください。
    AMP数 当該マシンで構成されているAMPの数
    PE数 当該マシンに存在するパーシング エンジン(PE)の数
    ノードの数 システムに接続されたノードの数
    ノードは、いくつかの密結合CPU(中央演算処理装置)が含まれているハードウェア アセンブリです。
    モデル マシンの型番
    物理的構成ボックス(AMP数PE数ノードの数モデル)を使用できるのは、ユーザーがターゲット システムで必要なアクセス権を所有している場合に限ります。エクスポートの権限を参照してください。
  2. (オプション)をクリックすると、インポート操作が開始されます