17.10 - エクスポートの方法とオプション - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata SETを使用すれば、エミュレーション情報をすばやく獲得(エクスポート)できます。これらの情報は、編集してからテスト システムにインポートし、ターゲット システムを模倣することができます。 例えば、4ノード構成のターゲット システムからエクスポートしたシステム情報を使用すれば、テスト システムでも4ノード構成であるかのようにコスト パラメータと実行プランを分析できます。 詳細は、インポートの方法とオプションを参照してください。

エクスポート機能はカスタマイズできるため、テスト システムは分析対象のターゲット システムの機能を確実に模倣できます(エクスポート オプションを参照)。 以下の手順は、エクスポート プロセスの概要を示しています。

  1. エミュレーション データをエクスポートする前に、データベースに接続します。データベースへの接続を参照してください。
  2. エクスポートの方法を選択します。
    • クエリー: 1つ以上のデータ操作言語(DML)文を使用して、エクスポートのデータベース オブジェクトを特定する場合。 詳細は、クエリー単位のエクスポートを参照してください。
    • データベース: エクスポートごとにデータベース オブジェクトを選択する場合。 詳細は、データベース単位のエクスポートを参照してください。
    • 作業負荷: 既存の作業負荷定義に基づいてエクスポートのデータベース オブジェクトを識別する場合。 作業負荷単位のエクスポートを参照してください。
  3. エクスポート操作をカスタマイズします。 詳細は、エクスポート オプションを参照してください。
  4. ターゲット環境をテスト システムにエミュレートするために必要な情報をエクスポートします。
以下のトピックでは、Teradata Setを使用してターゲット システムから情報を獲得する方法について説明します。