17.10 - クエリー単位のエクスポート - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
コマンド ライン インターフェースを使用して、指定したクエリーに関する情報をエクスポートします。 コマンド ラインにクエリーを入力するか、1つ以上のクエリーを含むファイル名を指定します。 デモグラフィックをエクスポートするためには、スイッチを使用して既存のQCDデータベースを指定します。 実行プランのエクスポート時にqcdスイッチが指定されていない場合、名前qcdがデフォルトで使用されます。
  1. クエリー単位でデータをエクスポートするには、次のコマンド構文を使用します。
    tset [-icf <commandfile>]|
         [[-c|-l] <DSN_or_tdpid>\<username>\<password>
          [-am <Authentication Mechanism>\<Authentication Parameter>]
          [-scs <Session characterset>]
          [-eqt <querytext>|-eqf <queryfile>]
    [-dbql <DBQL DB Name DBQL Query ID>]
          [-qcd <qcdname>]
          [-f <exportfile>]
          [-d -s -r -p -o -g -w -e -m]
          [-ux|-unx]
    [-esr]
    [-x]
    [-xapp]]

    次の例は、コマンド ラインからのクエリー単位のエクスポート方法を示します。

    構文例 説明
    tset -l prod\dbc\dbc -qcd myqcd -dsro -eqt "select * from orders" -f query1 システムprodから、指定したクエリーが参照するオブジェクトのオブジェクト定義、統計、RASをエクスポートします。 コスト パラメータもエクスポートされます。 クエリーの実行プランは、myqcdという名前のQCDデータベースを使用してエクスポートされます。 エクスポートしたデータは、query1という名前でファイルに保存されます。
    tset -c prod -p -eqf query.txt -f queryplans システムprodから、すべてのクエリーに関する実行プランをファイルquery.txtにエクスポートします。 デフォルトで、QCDデータベース名qcdが使用されます。 エクスポートしたデータは、queryplansという名前でファイルに保存されます。
    tset -c prod\dbc -eqt "sel * from dbc.dbcinfo;" -qcd "testqcd" -p -x INSERT EXPLAIN INTO testqcd IN XMLクエリーを使用して、XML形式でプランを獲得することにより、指定したクエリーの実行プランをエクスポートします。
    tset -c prod\dbc -dbql "DBQATXML 163822366665168764" -p 指定したクエリーIDで、DBQLデータベースDBQATXMLから実行プランをエクスポートします。